2006年2月アーカイブ

060228.jpg

(この写真が"私の中の一番でした~)

みなさん、

おっはようございます!

富士研に行ってきましたー!

もう本当にサイコーでした!

(これから行かれる方もいらっしゃいますので、あまり暴露出来ませんが・・・)

3日間、色々なことを学ばせて頂きました。

全体を通じての私の気づきは、

ずばり、

"生きていることの価値"

です。

自分がこの世に生を受けたのは、何より母が産んでくれたからであり、父に厳しく育てられた
からです。
そして、今の自分があるのは、決して"自分がやってきた"からではなく、周りの様々な人に
支えられてきたからです。

自分が今、こうして生きているのは、そうした両親を始めとした周りの様々な人に"生かされている"
のだということを教えられました。

だから、毎日毎日をただ単に惰性で過ごすのではなく、また、仕事の忙しさにかまけて(また理由にして)、そうした全ての人々に感謝の気持ちを表現することを怠ってはならないということです。

禊(みそぎ)は、強烈でした。
この時期の富士山の水は凍るように冷たかったです。
そして、朝5時に雨の中ふんどし1枚で外に出ると、寒い、冷たい、ではなく、ただ一言 "痛い"
という感じでした。
足先から、頭のてっぺんまで、その"痛さでしびれました"が、終わった後は、これ以上無いという程の爽快感で、"心がしびれました"。

上の写真は、そんな禊直後の皆の表情です。(なんとも皆イキイキとしていませんか?)

これからの私の実践の決意は、以下の5つです。

1)毎朝笑顔訓練し、鏡の自分に向かって、自分と大切な人全てに感謝を伝えます。
2)「言葉は魂の発動なり」を忘れず、マイナスの言葉を発した時は、"マイナス貯金箱"に500円
 を寄付します。(そのお金は会社の懇親に使います)
 →自他共に爽やかに元気になるプラスの言葉で暮らすよう勤めます。
3)トイレ掃除は、お世話になっている人の笑顔を浮かべながら、感謝の言葉を発しながら、丁寧に
 掃除します。
4)人の話は、"目に優しさ"を持ちながら、きちんと聞きます。
5)こういう研修(刺激)を定期的(3ヶ月に1度くらい)に受け、自分の気持ちのオーバーホールを
 常に心がけます。

<チーム目標>
毎朝、妻に笑顔で挨拶します!

倫理は本当に"本物"です。

単一民族なのに、多宗教=きちんとした道徳を教える文化が無い 日本という国にあっては、
この倫理こそが、人としての生きる道であり、経営者という聖職者は、皆必ず学ぶべきだと
思います。

渋谷の皆さん、最高です!

これからも宜しくお願いします!!

みなさん、おはようございます!

今日から倫理法人会の富士研修所で3日間の経営者研修を受けてきます。

噂に聞くと、富士山の麓で氷を割って水をかぶるらしい・・・

心身共に鍛えられてきます!

今週は、ネット関係で2つもかな~り為になる情報を得ました。

後日お知らせします。

では、行って来ます。

先週末は、友達国近君のペンション( http://blogs.yahoo.co.jp/p_beeclub )に篭っていた
関係で、全くネットが見れませんでした。

更新遅くなりましたが今日から再開です。

先週金曜日は、渋倫の新人方の歓迎会でした。

今までの(と言うか他の支部の)倫理法人会では考えられないのではないでしょうか?

入られた方全員30代!! 若い!!

若い人が増えて嬉しい!!

しかも4人皆、日創研を一通り終えている様子。

そういう意味では、4人皆さん、人生の先輩です。

しかし、渋倫歴10ヶ月を超えた私は倫理では先輩なので、一応歓迎の言葉を伝えるのですが、
何せ日創研の先輩方に、特に訓示たれる必要もなく、

とりあえず"楽しさ"を

お伝えしました。(伝わったかな???)

皆さん、宜しくお願いします!!
皆で渋倫を盛り上げて、世の中に"本物"を広めましょう!

その後、てっぺんの大嶋さん( http://www.izako.org/cat10/ )と柴田さんと飲み。

先日の星野社長の講話の一端を紹介すると、直ぐに食付いて来た。

http://blogs.yahoo.co.jp/daichi_corp/26649429.html

流石は大嶋さん。
一流のノウハウには、直ぐに気づかれますねえ。

"発散"と"充電"

このシステムは、今後の人事戦略の流行になる予感がします。

本日は、朝歯医者で、その後ずっと営業事務です。

昨日は、人間ドックしてきました。

健康診断自体、サラリーマン時代以来ですから、3年ぶりくらいでしょうか。

一応、問題なしとは言われましたが・・・

気になる点が2つ。
一つは、腎臓に小さな石(0.4mmだったかな)があったこと。
2つは、血液中の"リュウマチ"の値がかなり高いこと。

りゅっりゅっリュウマチィ???

って、お年寄りの病気でしょ?

「関節が痛いとか、そういう症状出てないですか?」

と聞かれたのですが、全く身に覚えナシ、ナシ、ナシ、うん、ナシ。
無いと思う・・・

単位とか良く分からないけど、250以上あった。

「今、肩を捻挫していて、接骨院に通っています」

と伝えると、「ああ、それが影響してるのかなあ?」

とお医者様。

「そうです、そうです、きっとそうです!」

と思いたい自分。

結局、いつもそうですが、「とりあえず様子を見ていきましょう」

ということで、一件落着。

これから、年1回の人間ドックをきちんと続けていくことを誓いました。

ふろく。
夜になっても、バリウムが出てこなくて、結構焦った。
あれも、ちゃんと出てこないと、腸の中で固まって、結構大変な事になるそうです。
気をつけましょう。

今日は、午前中打合せ1件。
あとは、ひたすら営業です!

と、夜、渋倫の新会員さん歓迎会。

 

060216.jpg昨晩は、中小企業同友会例会で、星野リゾートの星野社長の講話を聞いた。

一言、素晴らしい!

自社の星のやの経営以外にも、日本中の様々なリゾートを再生されている。
なるほどこの人にかかったら、どんなリゾートも再生されてしまうのではと、
感心させられる秘策が盛り沢山。

http://www.hoshinoresort.com/

一気に6ページのメモの一端です。

■もともと人の集まらない旅館業界で人集めに苦労された話:

日本の製造業は、世界一。
それに対して、日本への観光人口わずか数百万人で、受入数から行くと32位。

世界一位の業界と、32位ではそもそも待遇面で合うわけがなく、人が来ないし、定着しない。
そこで、星野社長は、"ビジョン"で人を引っ張る必要性に迫られた。

■軽井沢ブランド:
軽井沢は、元々皇族ご用達の土地となり、広告宣伝費タダで、ブランドが売れていった。
その原点をはずしてはいけない。
軽井沢には、そういった非日常なハイソな雰囲気を味わいたくて、人が集まってくる。
しかし、タレントショップのような、"観光客"向けの商売が流行ると、人は興ざめし、
一気にブランド価値がさがってしまう。
=観光客を向いた商売をしていると気づかれてはいけない。

■星のやの成功:
日本人は、温泉好き。でも、旅館は嫌い。
EX. 朝早く起こされる。夜遅くに食べるものが無い。
 ↓
非日常の空間を提供しながら、海外の一流リゾートのサービスを提供する。

■星野リゾートの再生の方向性:
・オーナーと運営会社を分ける。
・オーナーは利益を追求する。運営会社はサービスを提供し、フィーを受ける。
・この専門特化戦略によって、顧客により深い満足を与える。
・顧客の声を聞く。料理長などの職人に主観でしか語れない"味"の指摘などは、
 顧客からの声を直接聞かせるのが一番良い。

■成功例:
・山梨のあるリゾート:
 <弱点>温泉ナシ
 <戦略>0~12才の子供がいる家族をターゲットに改めた。
     →父:ファミリーサービス/母:想い出創りがキーワード
      この層のみ日本人大好きな温泉ナシでも大丈夫。
      尚且つ3世帯旅行が多い。
      海外に行かない/(子供がいるから)安心出来る場所が良い
・アルツ磐梯:
 →スノボーの聖地として売り出す→世界3大オープン選手権の実施
 →2/24には、今回トリノのメダリストが集結する大会がある。

■勝ち続ける組織:
(人が集まらない且つすぐに辞めて行く業界だから)
Step1:働いてみたくなる会社に魅せる →ビジョンを明確にする
Step2:組織全体を顧客嗜好にする   →顧客満足度調査を実施し、全社員にフィードバックした。
 ↓
その後、CSと利益の連動性についての課題が出てきた。
 ↓
CSは利益を最大化する手段になってなくてはならない。
 ↓
リピーターの醸成=広告宣伝費や、旅行代理店への15%のフィーが不要

◎納得する評価=大雑把な評価
 小さな評価については、同評価とする。そこに時間を使ってはいけない。
◎経常利益×CS指標→全社的な決算賞与額の決定
◎フラットな小集団組織→UD(ユニットディレクター制)
◎UDは立候補制。昇進ではなく"発散"。降格ではなく"充電"
◎人事権を社長と総務部が持たない。全て社員が自分達が決める。
◎しかし、ビジョンとバリュー(価値観)については、議論をタブーとする。
◎ウルトラマン派遣(重要プロジェクトへのヘルプ精度)
◎麓村塾(社内ビジネススクール)

等々。
ここには書き切れない程の内容の濃さ。
事前にNHKの「プロフェッショナル」第1回放送で、星野社長が取り上げられて
いたので、観てから臨んだ今回の講話でしたが、やはりテレビよりも生で聞いた
方がもう何倍も良かったです。
時間の制約もあり、きちんと捉えきれない部分もあったので、是非、また、
星野社長の話をどこかで聞いてみたい。

本日は、人間ドック。
(今、その長~い間の待ち時間に書いてます)

その後、定例の戦略会議です。

先週土曜のWBSと、今週月曜の深夜番組で、てっぺんと大嶋社長が出演していた。

事前に畑さんから、情報貰っていたので、DVDに撮っておいたのを観た。

結構凄い。
月曜の方は、ホントに30分丸ごとてっぺん。
大嶋さんが故郷の桑名に帰るところまで、カメラは密着取材していた。
自由が丘店の朝礼の様子もかなりきっちりと収録されていて、画面越しにスタッフ
全員の"本気さ"がバシバシ伝わってきた。

2年前のオープン当初は、かなり辛かったとのコメントもあるが、今の大嶋さんは、
本当に幸せそう。

何故、幸せそうなのか?

きっと、"自分の成長が実感出来ている"

からだと思う。
スタッフは皆若い。(平均年齢25歳ちょっと)

先が見えにくい今の時代にあって、20代は、複雑な年代だと思う。
遊びもしたいし、自分の生きる道を見つけたい、その道を真剣に走り出したい
という思いとかが複雑に絡み合って・・・

そんな中にあるてっぺんは、皆が本気になれるステージがあるんだと思う。
そして、そこにいる自分が自分の成長を実感でき、仲間の成長も実感出来ている

だから、皆が幸せなんだろう。

こういうステージを皆で築き上げるようリーダーシップを発揮している大嶋さんは
本当に凄い!

このDVDは、しっかりシーブリッジの研修にも使わせて貰います。
業界が違うので、手段は異なるにせよ、業界ナンバーワンを目指す"本気さ"は、
しっかり勉強させて頂きます!

というDVDを今朝の倫理に持って行こうと思って寝坊しました。
すみません。。。

今日は、不動産業界休みの多い、水曜日。
制作など社内処理の日となります。

また、夜はあの星野リゾート社長の講演会です。
先日のプロフェッショナル(NHK)にも出演され、事前学習済み。
楽しみです。

トリノオリンピックが開催されました。

上村愛子ちゃん、惜しかったですねぇ~。

結構、イイ滑りだと思ったんですけど、タイムが振るいませんでした。
予選は、きっちりライブで、決勝もビデオに撮って、かなり本気に応援していたんですが・・・

ホント残念です。

この4年間で自分の精神的成長を実感した愛子ちゃん。

是非、今度は、"点数が出せる"滑り・技術を磨き切って、是非4年後にも挑戦してもらい
たいものです。

TVでここまでの軌跡=苦労なんかを放映されていると、泣けてきます。

最近、涙腺が緩くなっているようで、涙もろくてしょうがないです。

居酒屋甲子園の時もそうでしたが、"本気でやっている"人には、ほんと良く感情移入して
しまいます。

"本気"になると楽しくなり、"本気"になると周りがほっとかない(by日創研)

やっている人は、本気であれば有るほど楽しくなって、周りの人間は、どんどん援助したくなる、
だから、ドラマになるんでしょう。

スノボーハーフパイプ男子も、ジャンプノーマルヒルも残念な結果でしたが、まだまだたくさんの
種目があります。

頑張れニッポン!!

今日から、一週間のスタートです。

 

060210.jpg(昨日の居酒屋甲子園の様子:真ん中でタテを渡しているのが大嶋さん)

昨日は、渋谷支部倫理法人会と夢手帳勉強会の仲間であるてっぺん大嶋さんが理事長をやっている
居酒屋甲子園を見学した。
これは、大嶋さん達の提唱に応える全国280店の居酒屋を、ミステリーショッパーと呼ばれる
"仮面来店客"が、チェックリストに基づき、料理の味から、従業員の声かけのタイミングまでを
厳密にチェックし、その中のベスト5に入った店舗が会し、壇上でプレゼンテーションをして、
初代"居酒屋日本一"を決めるモノ。

060210-1.jpgスゴイ! すごい 凄い・・・

他に言葉が出てきません。

メチャクチャ感動した。

何かこう、そう、昔、30人くらいしか入らないような劇場の一番前で、俳優さん達のツバが
かかるくらい近くで、真剣な演技を観たあの時の感動に近い 感じ。

言葉じゃなかなか通じないと思いますので、こちらをどうぞ↓

http://www.izako.org/

(今時点では、集計中なのか繋がりませんが)

前回の夢手帳勉強会の時に、「入場券ありますよ」って軽く貰ったあの1枚のチケットが、
これ程大きな感動をくれるとは!

何より大嶋さんが凄い!

入場者だけで2,000人。参加280店舗。
そして、ゲストにはレックスホールディングの西山社長(http://24yama.com/?eid=47)や、
ワタミフードの渡邉美樹社長(ビデオレター)などを含め関わった人は何千人も、いや
若しかしたら1万人以上になる程の盛大なイベントを仕切っている。

ワタミさんも、西山さんも大きく感動していた。
和民を来年は出演させたい、牛角もこれではダメだ、と相当影響を受けていた。

大嶋さんの構想では、第1回の今年は、2,000人規模。
来年は、1万人規模の埼玉アリーナか横浜アリーナ。
そして、再来年には、東京ドームで5万人。

これは本物です!
大嶋さんとその仲間達、そして、先人達の大きなバックアップで、必ずや、東京ドームの5万人
どころか、大嶋さんの夢である

居酒屋から飲食をそして飲食から日本を元気にする!

は必ず実現出来ると思う。

全く業界は違えど、これだけ真剣に生き、そして周りの人に感謝の気持ちを持ち、そして何より
それを "自分の体で精一杯表現する・伝える"若者達がこんなに居ることを知って嬉しく
なりました。

で、

さて、これを自分が居る今の広告業界でどのように拝借出来るだろう???

業種も、そこに居る人種の価値観も大きく異なりますが、とりあえず東京ドームに行く前の、
来年には、シーブリッジも何かしらの後援をさせて頂きます!

本日は、
・面接
・営業TEL
・事務処理
・夜は渋谷支部の役員会

です!

060209.jpg

(写真は、会員スピーチの様子です)

昨日の朝のMSでの会員スピーチの内容ざくっとお伝えします。


1)本質・本物かどうかを問われる時代になった。
  ←ライブドア事件等虚業は成立しない時代

 ↓

2)サイバーエージェント藤田社長(堀江さんの盟友)のブログより
 http://shibuya.ameblo.jp/

 (SAの役員の方はほとんどブログを書いている。そのメッセージは、ほとんど社員向けとのこと)

(自身のブログは)日々のマネジメントで気付いたことや学んだことの備忘録でもある。

ブログの出現で会社組織の上層部の人が、
日々何を考えているのかを知り、コミュニケーションを
取れるようになった。
ちょっと前なら考えられなかったこと。
ブログを書く上層部の人は、脳の程度が皆に知れてしまう。
もうガラス張り。
肩書きだけで威張れる時代ではなくなった。
人の上に立つ人間は、本物の実力をつけなければならない。
ブログの文章には人柄も表れる。
社風を知る上でも、良い機会だと思います。

 ↓

3)日報マネージメントの効果
 
 私の前々職日本LCAとベンチャーリンクでは、「日報マネージメント」が行われていました。
 
 これは社員全員が毎日日々の報告をするものですが、その中に<気づき・感想>という項目が
 あります。
 日々の細かい成功体験や、失敗体験を皆で共有することにより、組織全体の生産性を高めると  いうものです。
 ベンチャーリンクの成功例:牛角やガリバーもこの方法だったかと思います。

 ↓

4)これからは、どんどん本物・本質を問われる時代です!

 見せ掛けや肩書きだけの経営者ではなく、本当に自分自身の中身・人格を磨き、それを世の中  にアウトプットし、人を惹きつけられる、そんな人間になりたいと思っています。

 それには、人としての基本的な道を勉強する倫理法人会はぴったりですね。


今日は、これから、その倫理の仲間の居酒屋てっぺんの大嶋さんが主催される「居酒屋甲子園」
を覗いてきます。

明日の渋谷支部倫理法人会で、私会員スピーチさせて頂くこととなりました。
通常、会員スピーチとは、5分くらいで、メインとなる"講和"の前の前座のような役回りですので、
テーマも決めず、ましてやこのように事前告知などするなど有り得ないのですが、最近の
ITを取り巻く環境の中で、"夢を最短距離で実現する!"視点で見たときの気づきを
是非皆様にもお伝えしたいと思い、告知申し上げます。

テーマ: 本質の時代こそ、ブログが生きる!

です。
5分間くらいですので、あっという間に終わってしまうと思いますが、"ちょっと聴いてみよっかな"
と思われる方、是非とも、ちょっと気合を入れて早起きしてみて下さい。

場所: 渋谷 東急イン 4階会議室
時間: 2月8日6:30~

本公演も不動産業界の方の興味深いお話です!

宜しくお願いします!

週末は東レテニスをやっていました。

土曜のヒンギス対シャラポワ戦。

ヒンギスの圧倒的強さが際立ちました。
あのパワーのシャラポワが全く歯が立たないほどの読みと反応。
常勝時代を彷彿とさせる、イヤそれ以上の"もう誰がやっても勝てない!"と
思われるほどの強さでした。

また、この表情が良い。
1回目の現役時代の必死さ=たまに苛立つが消え、本当にテニスを楽しんでいるのが
表情にアリアリと出ていました。
16歳で初めて4大大会で優勝し、20歳そこそこまでトップを走り続け、ある意味
"燃え尽きた"感じで引退したヒンギス。

今回の帰って来たヒンギスの表情は、ナントも余裕がありました。
そうした栄光もそしてその後には、色々な苦労があったのだと思いますが、
それらを全て整理をつけて、"自分にはテニスしかない!"と心を決めている
状態に見えました。

そのヒンギスも決勝ではロシアの選手に簡単に負けてしまったようです。

どんな人にも好不調の波はある。

と言う事ですね。

あのプレーが出来るヒンギスは、これからどんどん活躍していくんじゃないでしょうか。

これからのヒンギスに期待です!!


今日から、新しい週がスタートです。
魔の1月を挽回すべく2月第1週は好調に転じつつあります。
今週は、またバンバン営業です!!

今朝は、寝坊しました・・・

毎朝6時起きが日課のはず。
起きたら7時過ぎでした・・・

昨晩、久しぶりにジムで3.5km完走したことが響いているよう。

年かなぁ???

人間の睡眠は一体どれだけ摂ればいいんでしょう?

一昨日の夢手帳勉強会で、大嶋さんや鈴木さんは4時間睡眠を続けているとのこと。

よっよっよじかん??!!

私はとてもそれでは、持ちませんんん。

一応、12時寝の6時おき=睡眠6時間(熊谷さんの言う1.5時間の倍数。あっ妻知子も言っていた)
が目標なんだけど、どうも体は7時間以上を求めているよう。

渡邉美樹さんは、確か6時間で、でも目覚まし時計ナシで飛び起きるらしい。
(あの方の意思の強さは、ハンパじゃないですね)

倫理的にも、朝は"スパッ"と起きなくてはいけないらしい。

山浦さんは、8時間位と言っていた。
睡眠を唯一の趣味とする妻知子は、"9時間寝ないと持たない!"といつも、切実に訴えてくる。

恐らく人それぞれなんだろう。

でも、4時間は羨ましい!

6時間~7時間睡眠が、4時間になれば、一日の時間が2~3時間も増えるということ。
2~3時間もあれば、相当なことが出来ますね。
それも、毎日積み重なれば、相当な"人生の総時間"の差がつきます。

ということで、

【今のところの結論!!】

本当に4時間睡眠でずっと生きられる人はいない!!

大嶋さんは昼寝すると言っていた。
鈴木さんも夕方ウトウトすると言っていた。

私は、7時間寝ている時は、日中眠くなることがない!

ということで、"密度の濃い"一日を過ごせば、7時間睡眠でも良い!

ということにしておこう。
体壊したら、最も時間を浪費することになる訳だし・・・

本日は、制作会議と戦略会議2本立て。

今月から社員が一人増えるということで、いよいよ強い組織創りに入ります!
今日はその第一歩。

"共感できる夢(道しるべ)"を打ち出します!

昨晩は、夢手帳勉強会の第3回を開催。

写真がまた無い・・・
でも、GMOの湯田さんが、私達を「ユーザーの意見」という形でインタビューして
頂きました。
その内、昨日の様子を含めて、情報アップされると思いますので、お楽しみに。

こちらは、前回の様子をアップして頂いたモノです↓
http://yume.kumagai.shop-pro.jp/

【内容】
1)てっぺん大嶋社長より夢発表:
 →「経済・モノ・お金」の項目有りません!
  と仰るだけあって、本当に「夢を与える日本一」になるために、毎日確実に
  前進されている大嶋さんの次元の違うセルフモチベートされる姿に感激しました。
  また、習慣の中ではいくつも頂いちゃいたい項目がありました。
  EX.毎朝の笑顔訓練/月1回の墓参り/会いたい人リストの作成とその戦略/人材能力開発系の
   本のみ徹底して読む/奥様への毎日感謝TEL/飲食業界が夢のある業界となる=業界レベル
   で自分の夢を考える 等々

2)習慣発表:
 →私と赤坂倫理法人会の鈴木さんで、"夢を達成する為にどう行動するか"の
  習慣を発表しました。
  EX. 天池:家族の日設定/毎朝の習慣 等々
    鈴木さん: 夢手帳を書くようになって、自分の信念がいかに曖昧だったかに気づいた/
          倫理法人会の図書館(蔵書4万冊・サービス良い) 等々

3)自分なりの手帳使いの工夫発表:
 ・滝沢さん:「あかさたな整理法」→全ての情報は自分の直感の頭文字でストックする
                 →情報のカテゴリーが未確立の方に"とりあえず"
                  整理するのにうってつけです。
 ・石井さん:学生としての夢手帳の活用法→とにかくPCで整理する?
                    →後ほど私のEXCELフォーマット差し上げますね。
 ・城田さん:アファメーションの提案→夢手帳勉強会では、毎回発表者による夢発表をして
                   いったらどうか。
 ・牛久保さん:渡部式をしっかり使い込んで行きます。
 ・鷲見さん:熊谷さんの本輪読のご提案→これは是非やりたいですね。年明けから1ヶ月が過ぎ、
                    手帳への熱意が薄れつつある時期ですので(笑)
 ・小泉さん:マンスリーかウィークリーかデイリーかについて

と人数がまとまった分、中身の濃い討議が出来ました。

そこで、次回からのテーマは、

☆6項目の行動目標に対する前月振り返りと今月の重点行動目標の宣言

となりました。

今まで夢手帳とは何か?を研究し、使い始めることを主眼に置いていましたが、これからは、
いよいよこの手帳を生かし、自分の夢をどう達成していくかの実践編に入ります。

夢手帳勉強会のメンバーの皆さん、これからですよ!

060201.jpg

今朝会社に来たところ、一通の日創研からの封筒が・・・

開いてみると、それは、先週末に途中退場したSC研修の他のメンバー37名からの
ナント寄せ書きでした!

たった半日ちょっとでしたが、良くも悪くも度々発言していた私のことを皆さん
覚えてくれていたんでしょうか。
皆さんからの熱い思いや応援、激励の言葉が並んでいます。

ほとんどの人が書いてくれた様子。
皆さん有難うございます!!
この場を借りて感謝申し上げます!
(と言ってもほとんどの方がこのブログの存在を知るすべは無いのですが・・・)

昨晩は、山浦さんの自宅での肉パーティー。
肉は信州牛の霜降り!!
それはもう、口の中でトロケルような他では味わったことの無い良いお味でした。
サラダや刺身もサイコーでした。
ご馳走さまでした!!

今晩は、夢手帳勉強会の第3回となります。
開始前には、GMO総研の方からのインタビューもあります!

プロフィール

天池鋭男

中小企業のインターネット活用支援「シーブリッジ」天池社長のブログです。

最近のコメント