2011年5月アーカイブ

こんにちわ。

 

先週末は、思うところあって急きょ岐阜の実家に戻り、お墓掃除をしてきました。

 

110521.jpg(キレイになったご先祖様(天池家)のお墓です)

(花をもっと差してあげれば良かったな。。。)

 

たった一人で3時間みっちり。

 

村を見渡せる山の頂にあるこの木が生い茂った墓地は、昼でもちょっと薄暗く、一人で行くには

ちょっと勇気が要ります。

 

汗だくになって掃除していると、それでも、何人か訪れる人が居て、

〝精が出ますね" とか、

 "見違えるようにキレイになりましたね"とか、

〝関心ですねぇ"とか

声をかけて頂けます。

(もちろん狭い村なんで、どこの誰かをこっちは名乗らなくてはいけませんが。。。)

 

一人の方からは、ペットボトル2本まるまるお水をプレゼントしてくれ、とっても

助かりました。

 

その後、祖母や叔父、叔母、そして、母方の祖母や叔父などに会いましたが、

皆一様に誉めて頂けました。

 

ご先祖様があってのわが命。

 

お墓の中に入っている人で、僕が知っている人は、祖父しかいませんが、

これまでの何百人、何千人の方があって、今、僕はこの世に存在させて

頂いてます。

その人たちのDNAを受け継いでいます。

 

そのご先祖様を大事に思う事は大切ですが、なかなかそれを行動にする事は

ありません。

お墓の掃除は、そんな中で、一番手軽にご先祖様への感謝を表せる行動

なんじゃないかと思いました。

 

何より周りの人みんな全員一様に、認めてくれ、そして親戚が喜んで

くれる事ですから。。。

 

世の中にはいろんな宗教があり、人間は弱いものだから、色んな教えに沿いたい、

信じる事によって救われたいという思いがあると思います。

それはそれで良いと思うし、日本という国は、これまでの歴史上、様々な宗教を

受け入れてきた文化のある国です。

 

しかし、この先祖を大切にするというのは、そんな色んな宗教を超えた

人として生きる事の"真理"のような気がします。

 

その証拠に、自分の気持ちがとてもスッキリしました。

 

松下幸之助さんは言いました。

 

人生最大の武器は、"感謝力"であると。

 

そして、その感謝力を磨くには

 

"素直であること"

 

が一番だそうです。

 

お墓参りや、お墓の掃除は、そうした"素直に生きること"を

教えてくれるような気がします。

 

無理せず無茶せず、でも、目標に向かって一心不乱に。。。

素直になる事が、とっても近道なんだと思います。

 

何かよく分からない文章になってきました。。。

 

皆さん、困った事があったら、お墓の掃除をしましょう!!

 

有難うございます。

 

 

 

 

 

プロフィール

天池鋭男

中小企業のインターネット活用支援「シーブリッジ」天池社長のブログです。

最近のコメント