2012年1月アーカイブ

おはようございます。

 

昨日は、久しぶりにゴルフに行ってきました。

今話題、太平洋クラブの、相模コースです。

お日柄すこぶる良く、とっても気持ちイイ ラウンドでした。

 

そこで、奇跡が起こりました!!

 

ハーフ37!

トータル80!

 

こちらがそのスコアーカードです↓

120129golf.jpg

 

この1年半くらい、ずっと90を切る事を目標に取り組んできましたが、なかなか

実現せず、遂に昨年は1年間、スコアーの進歩無しと言う状態だったのが、

突然の覚醒です!!!

 

同伴者は、いつも大変お世話になっている 畑さん、坂部さん、梅木さん。

昨年年末には、もう12月で、目標達成の最後のチャンスとばかり、

"90切れたらご祝儀。切れなかったら罰金"

までを貸して臨んだラウンド。見事、105という途方もない勘違いスコアで

終了した時と、全く同じメンバーでした。

 

そんな私ですが、昨日は、全くラウンドに気負いが無く、スタートホール

2打目でいきなりOBを打つも、とっても冷静に、"全てを受け入れよう"

という気持ちが湧いてくるのみ。

次のホールで、2打目を50cmに付けて、OKバーディー。

ここから7ホールは、1回ボギーを叩いただけで、後は全てパー

(1回のバーディー含む)。

 

プロのスコアのようでした。

 

こんな事があるんですねぇ。。。

 

いつもなら、どこかで必ず、8とか9とか有るのに。。。

 

ドライバーはほとんど全て真っ直ぐ。

2打目は、2オンから、グリーン周りに運び。

そこから2つでパー。

全てのホールがこんな具合です。

 

いつも同スコアーでしのぎを削っているお三方もビックリ。

"もう、今日は天池さんの日だから、何をやってもウマク行くよ"

 

と乗せて頂けるものだから、更に良くなって行きます。

 

この覚醒は、何故起こったのか???

 

1)父が先々週に、エイジシュート(73)をやったので刺激された。

2)先週、倫理の富士研で滝行をした。

 

この2点が大きな要因だと思います。

 

特に滝行はデカイッ!!

 

その様子はこちらです↓

http://www.cb-web.jp/blog/2012/01/6.html

 

苦難を受け入れる。立ち向かったり挑んだりするものではなく、

素直な心で、自然な状態で、それ自身を美として、善として

受け入れる。

 

この学びの結果だと思います。

 

(ロングホールで、とてもグリーンに向かって狭くなっているのに)カッコ良く

2オン狙いで挑んで、カッコ悪い自分になって自己嫌悪に陥ったり、

"このバーディーパットねじ込んだら、あれもこれもこんなにご祝儀が・・・"

と欲の皮突っ張ったり、肩に力入れ込んでするのではなく、自然な気持ちで、

これまでやってきた練習と同じようにたんたんと打つ。。。

 

結果を求めすぎず、ありのままの自分でいる。

周りを全て受け入れる。

 

う~ん、深いです。。。

 

事業も一緒ですね。

数値面ばかりを追っかけて、色んな摩擦を起こしながら進むよりも、

やるべき事をコツコツやって、結果は後からついてくる。。。

 

滝行が、この事に気づかせてくれました。

そして、昨日一緒に回った畑さんと、坂部さん、梅木さんがそれを引き出して

くれました。

感謝です。。。

 

そんな素晴らしいステージとなった太平洋クラブ相模コースにも

有難う!!

sagami.jpg

 

帰って妻の知子とこれまた久しぶりに焼肉行ってお祝いしました。

こんな素晴らしい日曜日!

 

やっぱり一番の感謝は、我らが渋谷の専任幹事、畑 洋さんです。

いつも、私のゴルフを気遣ってくれ、この日は、ボールまで指定して

頂いてのラウンド。本当に感謝です。

 

この後、またフツーの凡人ゴルファーに戻ると思いますが、どうぞ、

引き続きの手厚いご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

 

さあ、今日から1週間が始まります。

張り切って参ります!!

 

有難うございます。

 

皆さま こんにちわ。

 

昨日まで3日間、倫理法人会の総本山とも言える富士高原研修所(通称「フジケン」)に

行って参りました。

 

今回で6回目となりますが、毎回趣向を凝らしたカリキュラムと共に、スタッフの皆さんの

本当に暖かい気遣いを頂き、サイコーに深い気づきと学びを頂きました。

 

と~ってもたくさん学んだんですが、その中でも、

今回の特に大きな気づきは以下の3点。

 

1)判断は、「先祖が喜ぶかどうか?」を問え!:

 

 人生は判断の連続。

 判断した結果、失敗する「積極的失敗」はどんどんすべき。

 しかし、経営者は、そういう訳にはいかない。1回の判断ミスが会社の存続を危うくするような

 危険性があります。

 どうしたら良いか迷った時、その時は、「この道の先に、先祖が喜んでくれるところがある」と

 思える道を進むべし。

 

2)人間関係で摩擦が起きた時、その時も、「相手の先祖が喜ぶ対応」をしろ!:

 

 人が抱える問題の8割以上は、人間関係との話があります。

 ある人との対応をどうしたら良いかを迷ったら、これも相手のご先祖様が喜ぶ対応をしなさい

 という事です。

 要するに、叱るとき、指摘する時、相手の事を考えた対応をすべきという事です。

 決して、自分の感情に任せたり、ましてや八つ当たりなどもってのほかという事ですね。

 

3)苦難は、美しく、喜んで受け入れるべきもの:

 

 この教えが理解が最も難しいところです。

 

 今回も、気温3℃、水温8℃での滝行をさせて頂きました。

 どれくらい冷たいかと言うと、サウナの後、エイッと気合いを入れないと入れない水風呂は、

 だいたい20℃。飲みごろのビールは6~7℃だそうです。

 あの水風呂よりもず~っと冷たく、キンキンに冷えた美味~いビールのような水が落ちてくる

 滝に打たれたという事です。(あれっ?あんまり冷たさが伝わらない・・・)

 

 その滝行で感じたことです。

 去年の滝行は、終わった後の達成感が大きかったのを鮮明に覚えています。

 寒くて冷たくて痛くて逃げたくて怖くて出来ない言い訳を何とか探して止めようとしてしまう

 滝行を、何とかやり切った後の、あの清々しさ・・・

 正に、大きな苦難を "乗り切った" という達成感です。その中には、苦難は、"耐え忍ぶこと"

 という認識があったのだと思います。

 

 しかし、今年の滝行はちょっと違いました。

 "冷たさに感謝し、冷たさを受け入れ、冷たさを喜び、冷たさが楽しくなる"

 滝つぼにしゃがみ、皆で、目の前の滝をはじめ、世の中全てのものに感謝と、平和への祈念を

 していた時の事です。

 す~っと水が全く冷たいと感じない一瞬がありました。

 

 正に水と一体となれたような。。。

 大きな自然の中に抱かれているような。。。

 ち~っぽけな自分ごときが、大きな自然に立ち向かっても全く歯が立たず、抵抗出来る術も

 無く、でも、その恐ろしい自然も、実は大きな愛で自分を見守っていてくれるような。。。

 ちっぽけなお前も頑張って自分の使命を全うしろよ!と教えてくれているような。。。

 

 言葉で表すのはとっても難しい、体験した人にしか分からない感覚かもしれません。

 

 この滝行を自分なりに解釈したのが、講義の中で出てきた上記3)の言葉です。

 苦難は、人生を歩む上で避けては通れないもの。次から次へと出てくるもの。

 しかも、社会的地位やリーダーシップが上がれば上がる程、大きなものとなること。

 

 そんな、"苦難"というものは、今までは、乗り越えるもの、その最中は我慢・忍耐して、

 達成するもの、だから終わった後は解放感に浸れるもの。。。

 

 そのな風に思っていましたが、そうではないようです。

 

 どうせ、人生の中に次々と起こることであるなら、それを喜んで受け入れましょう。

 人生にずっと出てきてくれるものであるなら、それを嫌うのではなく、"美しいもの"

 として、積極的に取りに行きましょう。

 

 う~ん、深いです。。。

 

 すみません。これを読んだだけの方には、全くよく分からないものとなっているかも

 しれません。。。

 でも、滝行すると、そんな境地を感じる事が出来るんです。

 

 自分のMっ気も相当筋金入りになって参りました。

 

 苦難を背負って生きている皆さん、どうせなら、その苦難さんと仲良く手を取り合って、

 楽しんで行きましょう!

 

DSC_0006000.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (雪の中のふんどし一丁) 

 

 

DSC_0011.jpg                    (渋谷の同士! 矢野っちと)

 

 

DSC_0013.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            (研修仲間のみんな。サイコーの仲間です)

 

倫理は奥が深い。

"苦難は幸福の門"とは、奥が深すぎてなかなかその真意の域に到達出来ないんだなと

思うのと同時にまた、少しその感覚が分かったような気がしました。

 

富士研修所のスタッフの皆さん、こんな素晴らしい研修を開いてくれて有難うございます!

行かせてくれた妻の知子さん、シーブリッジのみんな、渋谷の皆さん、送り出してくれて有難うございます。

 

もっともっと自分を磨いて、期待に応えられるような人間になります!!

 

感謝!!

 

 

 

皆さま 明けましておめでとうございます。

 

一昨日1月4日は、渋谷区倫理法人会の一発目のモーニングセミナー 「新年式」でした。

(写真無しですみません)

 

その様子は、渋谷維新HPへ→ http://www.shibuya-ishin.net/ms/blog/report/

 

仕事始めの前に、朝6時半(役員は5時半)~集まって、新年の抱負を発表し合うのは、

とても新鮮な気持ちになれましたし、多くの気づきを頂けました。

 

今年のテーマは、

 

素直

 

です。

 

何事も楽しんで、そして真剣に。

素直な気持ちで取り組めば、色んな人とのご縁が生かせ、結果的に事業も、

そして人生も豊かに幸せになれるんじゃないかな。。。

 

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

感謝!!

プロフィール

天池鋭男

中小企業のインターネット活用支援「シーブリッジ」天池社長のブログです。

最近のコメント