経営者の気づきの最近のブログ記事

みなさま こんにちわ。

3連休最終日。涼しくて気持ちのイイ日ですね。

 

先週末、マーケティング診断士の会があり、マーケティング大学卒業後、初めて参加して

参りました。

今回の勉強会のテーマは、「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」。

 

マーケティングの世界ではよく知られているこの手法。

従来では、

フロントエンド=興味付け商品(利益少ない)、バックエンド商品=最も売りたい商品(利益多い)

とされていましたが、今の時代はこれに更に価値や刺激が付加され、レベルアップ(巧妙?)しています。

 

この二つのステップの前に「無料オファー」という段階を加えると、

1)無料オファー → 2)フロントエンド商品 → 3)バックエンド商品

の3ステップとなり、その商品も、自社商品のみで完結するのではなく、他社商品とのコラボレーションをすると色んな工夫が生まれてきます。

 

皆さんの発表を聴きながら、世の中には色んな3ステップがあるものだと感心したのですが、

その中での大きな気づきが一つ。

我が家では最近、犬を飼いました。

 

(見てください。この可愛らしさ。。。我が家のプー太です↓) 

DSC_0194.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0193.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0192.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0195.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、このプー太の購入した経緯と現在の状況を、一旦親バカ心を置いて、冷静に考えるとこうなって

ます。

 

1)無料オファー:

 (全く買う気が無かったのに)お店のお姉さんの言われるがままに、(手をキレイに消毒してから)

 抱かせて貰った。その日は帰った。→翌週末、妻の"見学だけ行こっ"の誘いに、"見学だけなら"

 と自分を納得させながら、お店の外から見学だけして帰る。でも、その時、プー太と目が合う。

 →いつの間にか名前を付けてしまった事が妻にバレル→観念して買いに行く

 ↓

2)フロントエンド商品:

 生体(見積にはそう書かれていた)/ワンちゃんスタートキット/ワクチン代2回分/各種保険

 ↓

 プー太が最近クシャミや咳をし出した。これはタイヘン!! とばかり、お店で紹介されていた病院へ

 ↓

3)バックエンド商品:

 診察代(購入1ヶ月は無料だけど、それを証明する為の診断書料は3,000円)/注射代/お薬代

 (定期的にやってあげましょうの営業トークに全く躊躇なくやってもらった)シャンプー・肉球の

 間の毛カット?・肛門絞り?で数千円

 特に咳は、「ケンネルコフ」という立派な病名(何てことはない。"子犬の咳"という意味だそうです)

 で診断され、2日連続で約3万円。

 このペースで病院と美容室兼用のような"お店"へ行くと、直ぐに生体代くらいは飛んで行って

 しまいそうです。。。

 

何という見事な3ステップマーケティングでしょう。

しかも、バックエンド商品の所は、顧客からのディスカウント要求はほとんど来ません。

これをペットショップの自社商品ではなく、動物病院の他社商品によって、バックエンド商品として

いるのです。(紹介料というフィーが発生するのは容易に想像がつきます)

 

昔のバックエンド商品の位置づけとは違うマーケティングが有ります。

商品との関連性で、必ず出てくるバックエンドはあるものですね。

改めて我が家の今の購買行動を振り返って関心してしまいました。

 

誤解の無いように付け加えさせて頂ければ、これだけ払っても、全くプー太の為ならしょうがないと

思ってますっ。(それ程可愛いい)

 

ペットショップさんありがとう。

動物病院さんもありがとう。

プー太万歳!

 

このマーケティング診断士会での気づきを基に

「お客様の販売に勇気を与える広告を」をスローガンに掲げる私どもシーブリッジは、

今後とも顧客企業さまにとっての、"わんわんマーケティング"は何かを一緒に考えさせて

頂きます。

 

 

 

皆さま おはようございます。

 

今回の東北関東大震災で被災された方々には、謹んでお悔やみと

お見舞いを申し上げます。

 

日に日に被害が大きくなる報道を見るにつれ、自分でも何かできる事は

ないか?とあまりにも悲惨な現実を目の当たりにして、自問自答を

しております。

 

周りの経営者達や、会社が、救援物資を募ったり、現地に乗り込まれる

方々が出てくる中で、私は何が出来るのか?

 

日常業務をしながら考えております。

また、こういう一大事に、会社としては、何も"自らが源となって"

行動を起こす事が出来ないもどかしさを感じております。

 

僅かながら、被災地への義捐金に協力させて頂こうと思います。

 

 

 

そして、私が出来る事。。。

 

わが社のスローガンは、

 

 

お客様が販売に勇気を持てる広告を提供する

 

 

事です。

 

こんな時でも、お客様企業は、

 

"前を向いていたいから!"、

 

"ふさぎこんじゃいけないから!" と

 

営業活動を続けていかれようとしています。

 

我々シーブリッジの出来る事は、こうしたお客様企業の期待に

お応えする事をもって、これから復興していく日本を力強く

支えていく事で貢献して行きます!

 

 

 同じ倫理仲間の会長から、とっても勇気を貰える動画を教えて

頂きましたので、皆さんにお伝えしたいと思います。

 

涙なくしては観られません。

一人でひっそりとどうぞ。。。

 

 

>

 

 

 

この動画に出てくる様々なメッセージは、今、日本中の人々が感じている事ばかり

だと思います。

 

みんなが助け合っています!

 

日本中が支え合っています!

 

世界中の人が日本を応援してくれています!

 

芳村思風先生が仰ってました。

これからは、日本が世界を引っ張る時代が来る! と。

 

我々、誇り高き日本は、この苦難を乗り越えます!

 

そして、また 世界中に恩返しをしましょう!

 

 

皆さま こんにちわ。

 

先週、弊社ネット戦略セミナーの第3回を開催させて頂きました。

今回からは、いよいよインターネット活用の醍醐味である新規客の集客を狙いとし、テーマは、

 

"今すぐ客"を発掘する為の効率的な「インターネット集客術①」

 

です。

TS3O0035.JPG

 

TS3O0040.JPG

 

新規客の発掘は、企業経営の上で、重要な課題です。

ここがうまく行っているかどうかが、活性化のポイントとなります。

それだけ、奥が深く、また実施する施策も多くなりますので、

今回と次回の2回連続テーマとしました。

 

皆さんの感想はこちらです↓


 


 


 

ご協力頂きましたF室長様、Y社長様、I様

有難うございました!!

 

次回のテーマも同じく

"今すぐ客"を発掘する為の効率的な「インターネット集客術②」

となります。

 

詳細・お申込みはこちらです↓

http://www.c-bridge.co.jp/seminar/seminar101215.pdf

 

今年も、年末押し迫って参りました。

お正月休みなどに、来年の戦略・計画を立てられるかたも多かと思います。

是非、弊社のネット戦略セミナーで、一年の計のヒントを持ち帰って下さい。

 

またまた、たくさんの方のお越しをお待ちしております!!

 

 

みなさん、おはようございます。

 

熱~い夏になってきました。今朝も横浜は気持ちのいい青空でスタートしています。

 

この暑い夏に、我々シーブリッジは毎年合宿をしています。

 

合宿とは、一日中会議室に籠って、今期の方針を皆で、徹底的に話し合って決めて行く事です。

 

我々、IT関連に携わる者にとっては、毎日が商品開発。

今の技術・ノウハウをお客様のニーズに応えるサービス・商品にしていく事はもちろん、1年後には、また新しい商品開発を提供していなくてはなりません。

(考えてみれば、とっても経営効率の悪い、儲からない商売って事になりますが・・・)

 

お客様の欲求は、一種の暗号。

この暗号を "察知する能力" と、この暗号を "解析しサービスに落とし込む能力" と、それを"生産していく能力"が、企業にとっては必要です。

 

そこで、半年毎にこの合宿をやっています。

 

今回は、優秀な人材が3人も入社してくれたお陰で、とてもスムーズに意見交換が進みます。

弊社シーブリッジの理念に共感して入社してくれたスタッフなので、あらかじめ価値観の共有がなされており、社長としては、とても嬉しい限りです。

 

土曜日の話し合いを受けて、月曜と水曜に方針とアクションプランを策定します。

 

シーブリッジから、また新たなサービスや商品がリリースされる事となります。

 

シーブリッジの今年のスローガンは、

 

" お客様が販売に勇気を持てる広告を "

 

です。

新たなサービスにご期待下さい!!

 

今週も

 

朗らかに、安らかに、喜んで、進んで働きましょう。

 

 

 

みなさま、こんにちわ。

 

先日、ブルータグさんというアスリートを支援していらっしゃる会社の 「栗城史多トークショー」に行って来ました。

 

TS3E0207.jpg 

ナント、その会場は、渋谷区倫理法人会モーニングセミナーの会場とまったく同じ。

外苑前のスタジアムプレースでした。

http://www.sp-aoyama.jp/access/index.html 

 

ある方からのご紹介(と言うか代理)で参加させて頂いたのですが、これがホント良かったぁ!!

 

栗城史多さんという方は、若干28歳にして、日本を代表する登山家です。

http://kurikiyama.jp/profile.html

 

28歳。登山経験は、まだ短い方なんでしょう。

なのに、マッキンリーをはじめとする世界最高峰の山々を単独・酸素ボンベ無しで登頂成功されて来ました。

その様子をインターネットで生中継されるのです。

その為の機材費が1億円以上!!

日本にいる間は、たくさんの企業を回られて支援をお願いされているようです。

 

映像から流れる8,000メートル級の登頂に成功される様子は、臨場感たっぷり。

通常、人間が生活出来る気圧や酸素の量では無いらしく、幻覚や頭痛など様々な高山病を発症してしまうようです。

 

もう、苦しくて苦しくて、しょうがないこの状況で、一番その苦しみを和らげてくれるのが、

 

"感謝の力"

 

だそうです。

 

多少の苦しみは、気合いで乗り越えれる。

でも、8,000メートルの苦しみはとても気合いで一時しのぎ出来るものではない。

 

苦しみを忘れようと他の事を考える。

でも、8,000メートルの苦しみは、どこまでも自分を追いかけ、逃げ切れるものではない。

 

そしてたどり着いたのが、苦しみを受け入れ、そして有難うと感謝する事だそうです。

有難うと言うと、脳から何か良いモノ(アドレナリン?ドーパミン?だったかな?すみません。忘れちゃいました)が出て、一番酸素を消費する脳という人間の機能が最も省エネで働くそうです。

一時しのぎ出来るわけでもなく、そして、決して逃げ切れるものでもない。

そうした苦難を乗り越えるには、

 

"受け入れて感謝する"

 

ことなのですね。

 

私も日々、色々な教えで、この"感謝"の大切さを学んでますが、8,000メートルの山頂で、生きるか死ぬかの死闘を演じている時の、"感謝という武器"の強さの話は、とても説得力のあるものでした。

 

こうした栗城さんの様子をネットで観た日本の若者や、ニートの人達から、励ましのメールや、時には、モチベーションを下げるようなメール、"死んじゃえばいい"なんてメールがたくさん届くそうです。

 

ポジティブなメールにも、そしてネガティブなメールにも、全てに感謝し、自分の力にする。

 

そんな領域に達している栗城さんだからこそ、登山家が皆恐れおののくような世界の最高峰の山々に単独登頂していけるのだと思います。

 

僕もすっかり栗城さんのファンになってしまいました。

 

我々経営者も、そしてビジネスマンの皆さんも、今は様々な苦難の時期に直面している人が多くいると思います。

 

でも、こんな生きるか死ぬかの苦しみを乗り越えている人がいるんだから・・・

 

と思うととても勇気が湧いてきます。

 

あと、栗城さんは、こんな事も言っていました。

 

"登山は苦しければ苦しいほど、達成感があり、楽しい"

 

振り子の振り子のように、大きな苦しみがあった分、逆の喜びに振れるのも大きくなるということです。

 

人の人生ってこういう事なんですね。

 

シーブリッジは、今、大変苦しい時期を皆で一致団結して、乗り越えようと頑張っています。

この"苦難と言う振り子"が大きくなればなるほど、後に待つ"喜びという振り子"が大きくなります!

 

と なれば、

 

"苦しみ、どんどんいらっしゃい!"

 

って感じですね。

 

今日は、午後から6A期の課題と解決策を考える合宿(ずっと会議)の日です。

 

皆さん、振り子を楽しんで行きましょう!

 

 

 

 

プロフィール

天池鋭男

中小企業のインターネット活用支援「シーブリッジ」天池社長のブログです。

最近のコメント