趣味・レジャーの最近のブログ記事

おはようございます。

 

IE9.0にしてから、ずっとMTの不具合でブログ更新が出来ませんでした。

復帰です!

 

昨日まで久しぶりに長~い夏休み(8/12~18)を頂いていました。

 

12金: 溜まったファイル整理 夕方 岐阜の実家へ

13土: ゴルフ

14日: お墓掃除

15月: 叔母の家へ初盆で 午後 横浜へ

16火: ゴルフ

17水: 親戚の子供たちのお守り & 夜 神奈川新聞花火大会

18木: 今後の事業構想練り

 

と、大変充実した日でした。

 

TS3O0108.jpg

 

TS3O0119.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TS3O0115.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(横浜名物 大道芸 見物。 いつもながらの大感動でした)

 

 

TS3O0137.jpg(夜は花火。関東でも数少ない2尺玉を上げる「神奈川新聞花火大会」は、格が違います!)

 

 

さあ、今日からお休み明け。

 

面接2本に夜は倫理のパーティーです。

 

胃腸夏バテ気味注意!!

張り切って参りましょう!

 

 

 

皆さま おはようございます。

 

昨日は、山中湖マラソンに出場してきました!

 

TS3E0178.jpgのサムネール画像

 

毎年この時期に開催されるこの大会は、今回が30回記念大会。

最初、200人の参加から始まったそうですが、今回は、13,000人の大イベント。

定員オーバーで参加出来なかった人も多いらしく、また、山中湖村民5,000人の内、ボランティアに参加された方が、1,200人にもなる、正に村を挙げての一大イベントのようです。

TS3E0182.jpg

 

私も、去年は妻の出場サポート役でしたが、今回は、勇気を振り絞って出場しました。

 

山中湖1周約13.5km。

 

いくらなんでも、いきなりはまずいだろうという事で、事前に2日程、5キロ程度をランニングして、

挑みました。

練習時には、余裕だった5キロ。

 

本番でも、その5キロまでは、楽しく走れたのですが、6キロ~7キロ時点で待ち受けていた坂道で、

足が上がらなくなり、あとの8キロは、ほぼ腕を振り、気持ちは前に進むのですが、足が全く前に

出ないお散歩状態。

沿道の方々の声援が熱いだけに、ちょっと恥ずかしい気分。

準備の大切さを改めて実感しました。

 

しかし、それ以上にこの新緑の中を走る(歩く?)気持ち良さって言ったらありません。

TS3E0183.jpg

 

山中湖は、学生時代からの友人の国近君がやっている

ペンション「BeeClub ( http://pension.mine.co.jp/beeclub/ )」

があるので、年に3~4回位は、行ってますが、こうして歩いてみると、改めて村の様子に発見がたくさんあります。

そして、何より、苦しい思いをしながら、完走した湖1周です。

いやがおう上にも、愛着が湧いてきます。

TS3E0185.jpg

(終盤、ほぼ散歩になっていた "先輩")

 

その後のドライブでは、いつもと違うルートを通って、"ああ、ここ走ったね"とか、"この坂って結構長かったんじゃん"とか・・・

 

ボランティアの人達の頑張り何かにも刺激されて。

なんかこう、とても人の温かみを感じられるいいイベントでした。

 

来年もまた参加します!

次回こそは、しっかり練習して、笑顔で完走出来るように。。。

 

では、今週もスタートです!

張り切って参りましょう!!

 

 

img_1083688_59700872_0.jpeg

img_1083688_59700872_1.jpeg

皆さまおはようございます。

昨日は、ゴルフコンペ。

初めての川奈ゴルフコースという超有名コースに行ってきました。
写真は、名物15番(超打ちおろし。左は海。そして、お約束の海へのOB)
と、お昼のカレーお値段3,300円!です。


img_1083688_59568996_1.jpeg

みなさま おはようございます。

先週末は、山中湖に行ってきました。
山中湖一周マラソンに出る妻の応援です。

(写真は、出場した妻と荷物係りの僕です)

初めて行って驚きました。

道路を埋め尽くす程の、人、人、人・・・

そして凄い熱気。
皆笑顔で楽しそうに走っていました。



img_1083688_54165326_0.jpeg

みなさま こんにちわ。

昨日は映画「母べえ」を観てきました。

田舞さん絶賛、そして沼田会長も観に行かれ、デザイナーの高嶋さんも
"泣くどころじゃなくて、顔が洪水になった"と言うほどの大感動モノ
ということで行ってきました。

噂に勝る名作です!

戦争時代に日本の事を思えば思うほど、その"常識を逸した"ものと
なってしまった夫の思想。
それを頑なに守ろうとする夫と、何が何でもその夫の正義を信じる妻。

この映画は単なる戦争反対の意図を伝えるだけではなく、その時代、
その場所に生きている全ての人にとって、

"自分の役割とは?今、自分が世の中に出来る事は何か?"

そ深く深く考えさせられる そんな気づきを与えてくれます。

田舞さんが絶賛される意味が分かりました。

観終わった今、自分の使命感がぐっと込み上げています。

こんな映画を創ってくれた山田洋次監督を始めとするスタッフの皆様、
有難うございます!

こうした名作をどんどん創って、世の中の人々の心に灯火を
もっともっと与えて下さい。

映画っていいですねぇ~。


プロフィール

天池鋭男

中小企業のインターネット活用支援「シーブリッジ」天池社長のブログです。

最近のコメント