スポーツ観戦の最近のブログ記事

 

071015.jpg愛すべき我中日ドラゴンズが、クライマックスシリーズ1stステージで勝利しました!

パチパチパチー。

ここ3年間、史上最強監督である落合監督になってから、既に2回も日本シリーズに
出場しているんですが、いずれも敗退。

"短期決戦に弱いドラゴンズ"

というレッテルを貼られ、(ソフトバンクの方がもっとその傾向ありますが)
今回もハラハラでしたが、ホント落合さんの言う通り、
今回は、試合に臨む選手の姿勢が大きく違ったように思えます。

特に1、2番の荒木と井端。

両人ともに日本シリーズはイマイチでしたが、今回は共にかきまわしまくっています。

それと主軸 森野と中村ノリ。

森野はホントに絶好調!スイングスピードがメチャクチャ速い!

ノリは、かつての大振りから、今はコンパクトにチームバッティングに徹している事が
大きな貢献に繋がっています。

後は恐怖の4番ウッズが調子に乗れば。。。イヒィッ。

"信ずれば成り、憂えれば崩れる"

ドラゴンズファンの皆様、みんなで3度目の正直を信じましょう!

*本日は、ホントご無沙汰更新にも関わらず、ドラゴンズファンでない方ごめんなさい。。。
 この期間だけ温かいお気持ちでお許し下さいませ。。。。

 

061027.jpgのサムネール画像

おめでとう!日ハム!

昨夜は本当に感度的なゲームでした。

新庄剛志。

ホント出来すぎです。

"そういう星の下に生まれた"とも言われてますが、新庄がそういう運を引き寄せているんだと
思います。

プレーオフに続き、この日本シリーズも新庄は、笑顔で本当に日本シリーズを楽しんでいました。

 

 

(プレーオフの感想です→ http://blogs.yahoo.co.jp/daichi_corp/42447530.html )


061027-1.jpgのサムネール画像のサムネール画像その新庄に引っ張られ本当に楽しそうに野球をする日ハムの面々。
見ていて本当に気持ちが良かったです。

新庄は、札幌ドームを"空き地みたいだ"

と言ったそうです。
子供の頃、仲間を集めて野球をやって遊んだそんな"空き地"のイメージだそうです。

それくらいあの札幌ドームでの野球を楽しんでいたんですね。

試合終了後の記者会見でも、"チャンピオンになれるということよりも、もうこの仲間達と
一緒に野球が出来なくなることが辛くて"涙が溢れてきたそうです。

空き地で好き勝手遊ぶ野球と、これだけ日本中から注目され、大会社がオーナーに居て、
そして年俸何億も貰う選手というか職人達を前に、"空き地でやる野球"ですよ。

自分でアドバルーンをぶち上げておいて、それに本気で立ち向かい、やがてそれは信念と
なり、周りの人間まで感化してしまう。

新庄は、本当に真のリーダーだと思います。

僕は根っからの中日ファンです。

このシリーズも、全試合観ました。
札幌ドームに移った火曜日からの平日も、会社を"早退(普通の会社では、それでも定時より
遅いと思いますが・・)"してまで、TV観戦しました。

第4戦途中までは、中日ファンでした。

しかし、第4戦で2回連続で中日は満塁機に凡退する姿を見て感じました。

"あ~、このシリーズは、完全に日ハムの流れだ。新庄の引退を、18年間の選手生活で
まだ体験したことのない日本一に、それも、この札幌ドームで最高の仲間達(当然、
4万人のファンも含まれます)と一緒に味わえるように台本が進んでいる"

と。

落合監督は素晴らしい監督だと思います。
(落合監督コメントはこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/daichi_corp/42375873.html

日創研の教えで、仕事の定義について、
生存・維持・娯楽・役割 として仕事をするのではなく、本気・信念として仕事をする
人間が、本当の幸せを掴める

と教えられました。

勝負は時の運。勝つ要因、負ける原因は様々だと思います。

ただ、一つ日ハムと中日が違うとすれば・・・

落合監督は、"役割"として、このシリーズに臨み、そして新庄を始め日ハムの選手達は、
"本気で"楽しんだ事ではないかと思います。

落合監督が本気で楽しむ=本気でこの仲間(選手達)と自分も野球を楽しみたい!

と思った時に、選手の気持ちも心の底から落合監督を信奉し、"一つのチーム"に
なれるのではないでしょうか。

大丈夫。ドラゴンズはこれから常勝球団になるのです。
落合監督が自分のエゴをちょっと拭い去れば、日本一にはいずれなれるでしょう。

昨夜は、ドラゴンズファンを通り越し、一野球ファンとして、本当に良いゲームを
観させて頂きました。

これだけの功績を残した新庄の背番号"1"は、永久欠番でもいいのではないでしょうか?(笑)

昨晩は、日本ハムのパ・リーグ優勝が決まりました。

北海道への移転から3年。
4万人を超える大観衆になったり、紅白戦でも3万人を超えたり。

北海道へ移る時は、色々意見があったようですが、これ程成功するなんて。

改めて球団経営者の方々の英断と、関係者のこれまでの努力に感服です。

そして何よりこの日ハムを人気球団たらしめている要因は、選手の"笑顔"
ではないでしょうか。

昨夜は、深夜のスポーツニュースでしか観てませんが、そこでとりあげられる
のは、何と日ハムの選手達が笑顔の多いこと。本当に楽しそうに野球をやって
います。

対してソフトバンクの選手は、斉藤投手の真剣な表情や、川崎選手の三振して
バットを投げつけるような怒った顔でした。

プロ野球の面白さは、色々あると思います。

ソフトバンクの選手の本当に真剣に取り組む姿勢。
"絶対勝つんだ!"という気合。
これも、素晴らしい。観ている者を感動させます。

でも、僕は日ハム選手の笑顔に、それを上回って惹き付けられました。

八木投手が、絶妙なセカンドべースの選手との間合いで、けん制アウトにした
時の、二人の得意そうな笑顔。森本選手が壁にぶつかりながら好捕して、ベンチ
前で皆とハイタッチしている笑顔。

本当に日ハムの選手心底この大舞台を楽しんでいました。

何かプロ野球の人気がどうだとか、視聴率がとか言われていますが、こういう
プレーを魅せることが出来れば、プロ野球というスポーツは絶対大丈夫な
気がします。

そして、じゃあ、日ハムがどうしてこんな素晴らしいチームになれたのか?

これも要因はたくさんあるかと思いますが、僕は、新庄選手の影響が大きいと
思います。

一見波天候な彼の立ち振る舞いも、徐々にチームとファンに受け入れられました。

何より、彼に感動を覚えたのは、一昨年(だったかな?)のオールスターゲーム
です。
「MVPを取る!」等とその時は大法螺に思えるような試合前の発言。

そして、均衡している試合で、ホームスチールまで成功させて本当に取って
しまったのです。

僕はその時、新庄に本当の男の姿を見ました。

法螺ともハッタリとも取れる程の大きな目標を掲げ、それを公言し、
そして、何よりそれを実現(達成)する。
で、それをしている自分が一番楽しむ。

何と素晴らしい男でしょう。

経営者としては、本当に見習うべきものがありました。


その新庄も今年で引退。(本当に引退するの??)

その最後の試合は、我がドラゴンズとの日本シリーズです。

ここまで、新庄を持ち上げといても、僕はドラゴンズファンです。

新庄の活躍よりも、ドラゴンズの勝利に期待して、日本シリーズを
楽しませてもらいます!

 

061011.jpg昨晩、中日ドラゴンズが優勝しました~! パチパチパチ~

何とその記念すべき瞬間、私は、東京ドームの3塁ベンチ上の席に居ました。

生まれてから39年間、ずっと地元名古屋のドラゴンズを愛してきましたが、
目の前で優勝の瞬間を見たのは初めてです。

それも、巨人のホーム、東京ドームで。

それはそれは気持ちイイ、そして感動的なものでした。

あのいつも冷静沈着な落合監督が、大泣きしてました。

ずっと極度に張り詰めた環境に身を置く、ホンモノの勝負師だと思いました。

スタンドの皆も皆も皆も、み~んなもらい泣きです。

我々は知っています。
おととし優勝した時も、神宮球場での東京最終戦。

試合終了後に落合監督は一人ベンチを出て、3塁側のスタンドに向かって、
深く深く頭を下げ、ファンに感謝の気持ちを表したこと。

監督落合は、誰よりも優しい心の持ち主なのです。

その繊細な心を持っているからこそ、色々な事に気づき、選手の心の動きに気を配り、
強い集団を創れるのだということを。

今度の日本シリーズは、西武球場ではなく、行けなくて残念ですが、今度こそ
日本一を信じています。

有難う落合監督。
有難うドラゴンズの選手のみんな。裏方の方々。

今度こそ日本一になって下さい!!

昨日は本当に興奮しました。

日本の野球が世界一になったのです!!

TVの前に噛り付き、熱狂しました。

世界一になったチームのメンバーは素晴らしい!
それを采配した王監督も素晴らしい!
決勝というバリバリプレッシャーのかかる場面で、自分の仕事を
きっちりこなした松坂は素晴らしい!
負けた韓国戦の責任を全部自分で背負い込み、「このままでは日本に帰って生きていけない」
とまで自分を責め、そして決勝できっちりとタイムリーを放った今江も素晴らしい!
普段では有り得ないような凡ミスをしながらも、9回ここぞというところで
"魔法の右手"でホームを取った川崎も素晴らしい!

み~んな素晴らしい!!

その中で、やはり私の中での本当にサイコーのMVPはイチローです!

他の大リーガーが皆"自分の"今シーズンを考え躊躇したこのWBCの大会が、決まった直後に
何の迷いも無く参加表明し、練習でも誰よりも早く出て特打ちをし、練習中でも一番声を
出し、そしてもちろんプレーでも一流中の一流選手達全員を引っ張る。

時には、相手チームを怒らすほど強気な発言をし、汚れ役も自分が被る。

韓国戦でのあの強気な発言は、全て日本チームのメンバーに伝えたかったのだと思います。

日本の野球のレベルの高さを知れ!
日本人の強さを知れ!
日本のチームの良さを知れ!

決して、韓国を侮辱しようなどではなく、日本チーム全員に自信を持ってプレー出来るよう、
そして、もちろん自分自身の自信も揺ぎ無いものとし、そして、あのメッセージは今の
日本国民全てに向かってのメッセージなのだと思います。

自分自身がプレーで模範を見せ、そして生活の中の態度から、放つ言葉全てで周りを
モチベート出来る。

イチローこそ本当に真のリーダーだと思いました。

また、そんなイチローに引っ張られた王ジャパンは、"諦め無ければ必ずいいことがある"

ことも教えてくれました。

何かサイコーにハッピーじゃないですか。

こんなに勇気とワクワクする気持ちをくれた王ジャパン

有難う!!

さあ、仕事しよっ!

プロフィール

天池鋭男

中小企業のインターネット活用支援「シーブリッジ」天池社長のブログです。

最近のコメント